お知らせ

News

ホーム > お知らせ一覧 > キャンピングカーで宿泊!3つのおすすめの場所と注意点をご紹介

キャンピングカーで宿泊!3つのおすすめの場所と注意点をご紹介

「キャンピングカーはどこで宿泊できるの?」

そのようなご質問にお答えします。


本記事の内容
・キャンピングカーで宿泊できる場所は?
・キャンピングカーで宿泊する時の注意点

キャンピングカーで旅行をする場合、どこで宿泊できるのだろうと気になると思います。

サービスエリアや道の駅などでも宿泊している方を見かけますが、車を止められる場所であればどこでも泊まって良いのでしょうか?

そこで本記事では、キャンピングカーで宿泊できる場所と宿泊時の注意点をご紹介します。

キャンピングカーでの宿泊を考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

キャンピングカーで宿泊できる場所は?

宿泊できる場所

 

キャンピングカーで宿泊できる場所は大きく3つあります。

・オートキャンプ場
・RVパーク
・湯YOUパーク

それぞれについて見てみましょう。

 

オートキャンプ場

オートキャンプ場は、決められた区画内にキャンピングカーを直接乗り入れて利用することができる場所です。

区画内であれば、キャンピングカーの横にテーブルとイスを出したり、BBQを楽しんだりすることもできます。

また、場内に大きな炊事場や遊具、温泉施設などが併設されているところもあるので、キャンピングカーの車内以外でも楽しく快適に過ごせるのが魅力です。

オートキャンプ場は全国に1200を超える施設があるので、場内で利用できる施設などあらかじめ調べて予約すると良いでしょう。

たとえば、AC電源がついている区画を選べば、宿泊中にキャンピングカーの充電もできますし、ダンプステーション(汚水処理施設)があるキャンプ場を選べば旅の途中で汚水を処理で
きるのでおすすめです。

利用価格は5,000~10,000円程度と少し高くなってしまいますが、車内で過ごす以外にも楽しみたい方や、お子様連れの家族での利用にはぴったりの場所といえます。

 

RVパーク

RVパークとは、もともとアメリカ発祥の施設で、日本でも一般社団法人日本RV協会によって設置が進められている場所です。

レジャー施設や道の駅などの一角をRVパークにしているところが多く、大きなキャンピングカーでも快適に停められるように、通常の駐車場よりもスペースが広く取られています。

車外で調理をしたりBBQなど火を使うことはできませんが、テーブルと椅子を広げることは可能です。

施設によって、AC電源やダンプステーション、24時間利用できるトイレ、入浴施設など様々な設備が用意されていて快適に過ごせるようになっています。

利用できる設備はそれぞれ異なるので、あらかじめ調べておくと良いでしょう。また、利用できる台数が少ないRVパークも多いので、利用場所が事前に決まっている場合は予約しておくのが安心です。

利用価格は1,000~2,000円程度と安いので、夜間車内で過ごすためだけに利用したいという方や連泊を考えている方におすすめの場所です。

 

湯YOUパーク

湯YOUパークとは、旅館やホテルなどの駐車場を宿泊場所として利用できるサービスで、全国100箇所以上の施設が加盟しています。

各地の温泉を利用して疲れを癒しながら、自分のキャンピングカーで宿泊することができるので、近年人気を集めています。

湯YOUパークは、一般社団法人日本RV協会の関連会社が運営しているサービスで、利用するには事前にくるま旅クラブ会員に登録しておく必要があります。

また、車外にテーブルや椅子などは原則出すことができず、車内だけで過ごすことを目的としています。

利用価格は温泉の入浴料のみで利用できるところや、1,000~2,000円程度の料金+入浴料がかかるところなど、施設によって様々です。

利用したい場所が決まったら、あらかじめ湯YOUパーク利用の旨を伝えて予約するようにしましょう。

> 北海道で車中泊できる場所はこちら

 

キャンピングカーで宿泊する時の注意点

キャンプングカーで宿泊するときの注意点

 

キャンピングカーで宿泊する場合、いくつかの注意点があります。マナー違反にならないためにも、詳しく見てみましょう。

 

宿泊場所をきちんと守る

キャンピングカーは、駐車場などの車を停められる場所であればどこでも宿泊できると思われがちですが、決められた場所以外での宿泊はマナー違反にあたります。

たとえば、下記の場所は一時的な駐車は可能ですが、宿泊はできません。

・サービスエリア
・道の駅
・コンビニ
・コインパーキング

サービスエリアや道の駅は、一時的に停車して休憩や仮眠をとることは可能ですが、長時間の停車はマナー違反です。また、コンビニは買い物が終わったら駐車場をあけなければいけません。

交通規則で罰せられないからといってルールを守らないと、他の方の迷惑になるので辞めましょう。

 

アイドリング

キャンピングカーを停車したら、宿泊や一時的な休憩に関わらずエンジンを切るようにしましょう。

エンジンを切って車内設備を使用すると、サブバッテリーの充電が減ってしまうことからエンジンをつけた状態で停車される方もいますが、マナー違反です。

環境や騒音に配慮するためにも、停車中は必ずエンジンを切りましょう。

 

排水処理

キャンピングカーで宿泊中にでた汚水は、利用しているオートキャンプ場やRVパークなどのダンプステーションか自宅まで持ち帰って処理しましょう。

湯YOUパークなどは処理できる場合とできない場合が分かれるので、事前に確認しておく必要があります。

処理できる場所が併設されていない場合に、道の駅やサービスエリアなどの公共トイレで処理するのはマナー違反なので辞めましょう。

 

盗電

AC電源がついていない施設で宿泊する場合、勝手に近くにあるコンセントなどから電気を使用すると犯罪にあたります。

排水処理と同様に、宿泊する施設にAC電源があるかどうかを事前に確認してから利用するようにしましょう。

 

まとめ|ルールを守って楽しく泊まろう!

ルールを守って楽しく泊まろう

 

本記事では、キャンピングカーの宿泊についてご紹介しました。

駐車場などの車を停められるスペースであれば宿泊できると思われがちですが、実際はマナー違反にあたります。

他の方の迷惑にならないためにも、キャンピングカーで宿泊できる場所を利用しましょう。

最近はオートキャンプ場やRVパーク、湯YOUパークなど、快適に宿泊できる施設がたくさんあるので、ぜひいろいろな施設を活用してみてください。

>ご予約・お見積りはこちら

>お問い合わせはこちら

TOP