お知らせ

News

ホーム > お知らせ一覧 > キャンピングカーのシャワー|設置のメリット・デメリットとは

キャンピングカーのシャワー|設置のメリット・デメリットとは

キャンピングカーのシャワーはどうなっているの?」
「シャワーは設置した方がいいの?」

そんなご質問にお答えします。

本記事の内容
・キャンピングカーのシャワーの仕組み
・キャンピングカーのシャワーの使い方
・キャンピングカーのシャワーの種類
・キャンピングカーにシャワーを設置するメリットとデメリット

キャンピングカーにシャワーを設置するかどうか迷う方は意外と多く、近年シャワールームが設置されたキャンピングカーは減少傾向にあります。

車内で手軽に汗を流せて便利という方や設置したけど全く使っていないという方など、人によってシャワーに対する意見はさまざまです。

そこで本記事では、キャンピングカーのシャワーについて、仕組みや使い方、設置するメリットとデメリットについてご紹介します。

シャワーを設置するかどうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

キャンピングカーのシャワーの仕組み

キャンピングカーのシャワーの仕組み
 
キャンピングカーのシャワーでお湯が使用できるのは、3つのタンクの仕組みによるものです。

・給水タンク
・ボイラータンク
・排水タンク

あらかじめ給水タンクとボイラータンクに水を溜めておき、ボイラータンクのみエンジンの熱を利用して温めます。

タンク内に電熱棒を入れて温めるタイプもありますが、かなりの電力が必要になるため走行中に沸かしておくと良いでしょう。

シャワーを出すと給水タンクの水とボイラータンクのお湯が合わせて出てくるので、ちょうど良い温度で使用できます。

シャワーで使用したお湯は床の排水溝から流れ、排水タンクに溜まる仕組みです。

 

キャンピングカーのシャワーの使い方と注意点

キャンピングカーのシャワーの使い方と注意点
 
キャンピングカーのシャワーは実際どのように使えばよいのでしょうか。

ここでは、シャワー使用前の準備から使用後の片付け、注意点を見てみましょう。

 
シャワー使用前の準備
キャンピングカーの種類にもよりますが、シャワーはトイレと同じ空間に設置されていることが多いため、使用前にトイレットペーパーなど濡れたら困るものをしまいます。

トイレの向きを変えて、シャワーが浴びられるスペースを確保したら準備完了です。

 
シャワー使用中
シャワー使用中は、水を使い過ぎないように気を配る必要があります。

自宅と同じように水を流しているとすぐになくなってしまうので、こまめに止めながら節水を心がけましょう。

 
シャワー使用後の片付け
シャワーが終わったら、壁や床、便座部分などに残っている水滴を乾いたタオルでふき取ります。

濡れたままにしておくとカビが生えたり、部品などの劣化に繋がるので念入りにふき取りましょう。

しっかりと水滴を拭き終えたら換気をして終了です。ベンチレーター(換気扇)がついている場合は、合わせて使用すると良いでしょう。

 
シャワーの注意点
キャンピングカーのシャワーは水量に限りがあるため、短時間の使用でとどめるようにしましょう。

通常、給水タンクの容量は20~100L程度、ボイラータンクの容量は20L程度です。

水圧や水の出し方によって異なりますが、小さめのタンクで1回10分程度入浴できます。

シャワーを出しすぎたり長い時間使用していると、ボイラータンクが空でお湯が出なくなることもあるので注意が必要です。

 

キャンピングカーのシャワーのタイプ

キャンピングカーのシャワーのタイプ
 
キャンピングカーのシャワーの多くはトイレと合わせてマルチルームに設置されていますが、それ以外の場所に設置されているものもあります。

ここでは3つのタイプについて見てみましょう。

 
車体後方に設置
キャンピングカーの車体後方にシャワールームを設置したタイプはバンコンなどによく見られ、近年注目を集めています。

車内と車外どちらからもシャワールームに入れるため、外で遊んで汚れたときは後方から入って汚れを落とすことが可能です。

 
車外に設置
キャンピングカーの車体側面にシャワーがついているタイプもあります。

入浴を目的としたものではありませんが、アウトドア後の汚れを落としたり、道具を洗ったり、ペットの足を洗ったりなど、外で洗うことで車内を汚さずに済むのでとても便利です。

 
キッチンに設置
キッチンのシンクに伸びるシャワーヘッドを取り付けているタイプもあります。

車外に設置したシャワーと同じく入浴を目的としたものではありませんが、車外までシャワーを伸ばすことができるため使い方はさまざまです。

 

キャンピングカーにシャワーを設置するメリットとデメリット

キャンピングカーにシャワーを設置するメリットとデメリット
 
最近はシャワーを設置していないキャンピングカーが増えており、シャワーが必要かどうか迷う方も多いと思います。

ここでは、シャワーを設置するメリットとデメリットについて見てみましょう。

 
シャワーを設置するメリット
キャンピングカーにシャワーを設置する最大のメリットは、好きなタイミングで入浴できるという点です。

目的地までの道中にある入浴施設を利用するのも旅の楽しみですが、タイミングによっては営業時間を気にしないといけなかったり、走行ルートの近くに入浴施設がないことも考えられます。

車内にシャワーがついていれば、車を駐車場に停めて移動するという時間も省けるため時間短縮が可能です。

また、営業時間を気にする必要もないので焦らず入浴できます。

もう一つのメリットはお湯を使用できるという点です。

キャンピングカーについているシャワーは簡易的なものがほとんどですが、お湯が出るので快適に使用できます。

また、シャワーだけでなくキッチンのシンクにもお湯が使えるので、冬場の調理や洗い物も安心です。

 
シャワーを設置するデメリット
キャンピングカーにシャワーを設置するデメリットは、給排水を頻繁にしなければいけない点です。

シャワーを使用するためにはある程度の水量がいるので、あらかじめタンクに給水し温めておく必要があります。

また、使用後は排水タンクに溜まった水を自宅のトイレや排水桝、ダンプステーションなどで処理しなければいけません。

こまめに処理して清潔に保っておかないと匂いの原因になります。

もう一つのデメリットは、水圧が弱いという点です。

ポンプの強さによって変わりますが、自宅と同じような感覚で使用すると物足りなさを感じてしまいます。

水圧を上げると勢いは良くなりますがタンクの水はすぐになくなってしまうので、少しの水を工夫して使わなければいけません。

シャワーの排水については、下記の記事で詳しく解説しています。
 
»キャンピングカーの排水問題|処理できる場所やきれいに保つコツは?
 

まとめ|目的に合わせてシャワーの設置をしよう

まとめ|目的に合わせてシャワーの設置をしよう
 
本記事では、キャンピングカーのシャワーについてご紹介しました。

車内で入浴を済ませられるのはとても便利ですが、使用前の準備と使用後のこまめな手入れが必要です。

シャワーを設置しても使わなければもったいないので、メリット・デメリットを知って必要がどうか検討してみてみましょう。

ぜひ、自分に合った設備で快適な旅をしてください。

>ご予約・お見積りはこちら

>お問い合わせはこちら

TOP